電話

電話の調子が良くなかったのです。

通話中に雑音が入るときがあったりしたので、電話会社に電話をしました。
症状を説明したのですが、こんな時に限って雑音が入らなくて通話に全く問題がなかったのです。

電話線には問題はないと言われ(今は遠隔で分かるらしいのです)、そんなこと言われても困るんだけどなあと思いつつ、もしかしたら電話機に問題があるのではないかと言われた時に例の雑音が!!
電話会社の人もやっと納得してくれました。症状だけでは電話線か電話機の不具合か分からないということで修理の人を派遣してくれました。

早速次の日には修理の人が来てくれて、電話線を調べ、症状を確認し、電話機を交換してみて症状が出ないことを確認してくれました。結局電話機の内部での接触不良が雑音の原因だということになりました。

困ったのは、電話会社の人がいるときに、なかなか症状が出なかったことでした。
普段悩まされている症状を分かってもらいたいのにそれが再現できないのは歯がゆかったです。

患者さんも同じ気持ちなんだろうなあと痛感しました。

「予約の電話をしたら、なんとなく良くなってしまって」とか「いつもはもっとひどいんです」
という患者さんの気持ちを私はきちんとくみ上げられているだろうか?と考えさせられました。

立場が逆転すると見えるものが違いますね。この気づきを大切にしていきたいと思います。

結局、開業当初から使っている電話を新しくしました。着信音は以前と同じものがなかったので、新しいものを設定しました。どんな音が鳴るかは、お楽しみに。
[PR]
by may-shinkyu | 2012-01-26 18:49 | 日記


<< 臨時休診のお知らせ 困ってるひと >>