<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お知らせ

研修のため11月7日(水)の診療は最終受付が15:30となります。
ご了承下さい。

12月にも研修があるので、休診します。詳細は後日お知らせします。

いつもご理解ありがとうございます。精進してまいります!
[PR]
by may-shinkyu | 2007-10-31 20:49 | めい鍼灸院からのお知らせ

素問

宝命全形論篇を読んでいたら、こんな記述がありました。

以下、柴崎保三先生の通解を引用します。

「気の至る瞬間というものは、ア・・・ア・・・と頭にひらめくとともに、何か手ごたえを感ずるものでありますが、それは恰もパサパサと飛び去った鳥をあとから見るようなもので、それがどんな鳥であったか、何羽であったかは、はっきりとわからないのと同じようなものであります。」

その鳥が何色で、どんな大きさで、オスだったかメスだったか等の細かい点に捕らわれず、来た鳥が飛び去っていくのにも執着せず、でもそこに鳥がいたことだけが分かっている、と私は解釈しました。

鍼をすると気が至るのを感じますが、私はそれを喜びとして感じていました。
が、それもある種の執着なのですよね。

まだまだ修行が足りません。

同じ篇の中には繰り返し、「精神を粛整せよ」ということが書かれています。
気が至ることは治療において大切なことではありますが、それに執着して、自らの気を乱すことがあってはならないのですね。

謙虚に受け止めたいと思います。
[PR]
by may-shinkyu | 2007-10-11 18:47 | 東洋医学

それでもハイビスカス

何なのでしょう。このお天気は。
気温差についていくのが大変ですね。
それでも感動したのは、こんな寒いのに、雨もしとしと降っているのに、ハイビスカスが花開いたんです。南国の花なのに、大きな花を咲かせたのです。まだつぼみがいくつかあるので、まだ咲いて欲しいな~。
(こんな時に限ってデジカメが手元にないので、お見せできないのが残念です。)

寒くても、何でも、咲こうというエネルギーを止められるものは何もないのですね。
ハイビスカスは何があっても咲こうとしています。
ハイビスカスは「意志を強く持って、頑張るのよ」とは言っていませんが、
「私にはこうすることしかできないの」と言っているように思えます。
だから、美しいのでしょう。

「抵抗は無駄」

少し肩の力を抜きたいものです。
[PR]
by may-shinkyu | 2007-10-02 17:42 | 日記