命・迷・めい・名

開業するにあたって、もっとも難産だったのが、鍼灸院の名前でした。

一度決めてしまったら、飽きたから変更しちゃえ!というわけにはいかないからです。

日本人にも外国人にもシンプルで、覚えられやすくて、こっぱずかしくない名前にしようと思っていました。

横文字の名前は、こっぱずかしいのでパス。
苗字の吉川をつけた名前は堅苦しくて、外国人には難しいのでパス。
かといって、名前の明子をつけるのも、いかがなものか・・・・・・
スワヒリ語にするわけにもいかないし・・・・・

結局、名前の明をつかって、めいと読むことにしました。
ひらがなにすることで、小学生にも読める!!

英語ではMay. 5月とか可能性をあらわすことばでもあります。
You may get better, you may not. とちゃかしちゃう時もあります。

鍼灸院はあえて漢字にしました。
鍼灸を針灸としなかったのは、多くの人に鍼灸という文字を広めたかったということもあります。

患者さんの中には、私のことを「めいさん」と呼ぶ方もいらっしゃいます。
新しい名前がひとつ増えたようで嬉しく思っています。
[PR]
by may-shinkyu | 2006-09-09 17:38 | 開業までの道のり


<< お祭り 開業するまで 2 >>